【超詳述】霊聴を徹底解説!~練習すれば誰でも獲得できるチャネリング能力~

霊聴チャネリングのできる人に憧れている人、霊聴が自分でも出来るようになりたいと切望している人は多いことでしょう。このぺージでは、霊聴について非常に詳細に解説します。霊聴の練習方法も詳しく解説します。

目次

霊聴とは?チャネリング・サイキックの一種。

霊聴とは、他の人々が見えないものを聞くサイキック能力・霊能力のことをいいます。霊的存在と交信するチャネリング能力の一種です。
サイキック能力と言われるものの一種でもあります。
医療の現場で幻聴と言われているものは、霊聴であり、心霊現象の一種です。一部の医薬品が、患者の体質によっては霊聴を引き起こしてしまうことがあります。
なお、耳鳴りは霊聴ではありません。

霊聴は努力次第で誰でも獲得できる。

霊聴は、限られた人にしか出来ないと思っている人が多いのですが、そんなことはありません。基本的に、努力次第で誰でも獲得することの出来る能力です。
霊聴はあくまで「技術」であり、選ばれた人に授けられた奇跡といったものではないので、霊聴が出来る人の中には不誠実な人もいますし、悪人もいます。
霊聴での鑑定を他者に依頼したい場合、人選びには充分に気をつけたいものです。

霊聴の練習(獲得)方法。

まずは、霊聴の獲得方法から解説します。

座禅瞑想を繰り返すことで会得するのが一般的。

霊聴は、座禅瞑想を繰り返すことで獲得できます。座禅瞑想とは、正座やあぐらのような姿勢をとって目をつむり、心を鎮める所作をいいます。
姿勢をただして目を閉じていればそれで良いというわけでありません。仏教的な話でよく、「心を無にする、空にする」といった表現が出てきますが、霊聴の練習のために座禅瞑想をするなら、いわゆる「心を無にする」境地に達しなければなりません。
「心を無にする」座禅瞑想を、1回につき30分、1カ月程度継続すれば、霊視を獲得する人が多いです。そこからさらに2カ月くらいも続ければ、霊聴が開くでしょう。
必ずしも毎日やらなければならないわけではありませんが、週に5日くらいの頻度では行ったほうが良いです。また、座禅瞑想中に眠ってしまってもかまいませんが、15分くらいは起きた意識で続ける必要があります。
「心を無にする」ということが思いのほか難しく、多くの人は座禅瞑想を断念してしまうのですが、コツがあります。それは、「数をカウントすること」です。
姿勢をとって目をつむったなら、「1,2,3,4・・・」と心の中で数を数えましょう。数を数えていると、余計なことを考えなくなるので、結果的に「無」の心的状態になりやすいのです。途中で数がわからなくなっても問題ありません。適当なところから再開するか、1から数えなおしましょう。

レイキアチューンメントを受けることであっさり会得する人も。

または、レイキのアチューンメントを受けることで、あっさりと霊聴が開く人も多いです。レイキにはそのような力がありますが、しかしレイキティーチャーには不誠実な人が多いので、ティーチャー選びには気を付けてください。値段が高すぎる人も安すぎる人も避けたほうが良いです。(相場は各ディグリー2~3万円ほどです。)

霊聴の練習よりも、座禅瞑想の継続が大切。

霊聴が出来たり出来なかったりする、という人は、霊聴を一生懸命練習するかもしれませんが、それはあまり意味がありません。霊聴行為そのものを繰り返し練習しても、霊聴の感度は上がらないのです。
もう少し、座禅瞑想の練習日課を続けましょう。1カ月くらい座禅瞑想の習慣を続ければ、ありありと感度が増しているはずです。

霊聴獲得よりもハイレベルな境地がある!

霊聴を獲得してもさらに座禅瞑想を続け、さらに品行方正な暮らしを心掛けるなら、やがて特殊な霊視がはじまります。
まぶたの裏に、モヤモヤと揺れる青白い光を視るようになるのです。これは、アセンションに近い精神を持っていることの証で、モナド(高次のガイド霊)とつながれるようになったことの証です。

この段階に達すると、従来の霊視は影をひそめるでしょう。まぶたの裏に映画のようなくっきりとした映像を視ることはなくなります。霊聴も影をひそめる人がいます。

スピリチュアリストはこの状態を目指すべき。

本当は、スピリチュアリスト(霊的探求者)はこの域に達するまで座禅瞑想や精神成長を続けなければならないのですが、ほとんどのスピリチュアリストは霊視チャネリングを獲得した段階で探求をやめてしまいます。
霊視が出来るとチャネリングセッションが受けられるようになるので、それでお金稼ぎや名声集めに溺れてしまうのです。または、まぶたの裏に視える空想にひたる快感におぼれてしまいます。

霊聴の注意点!すべての声が守護存在のものというわけではない!

霊聴を獲得したら、注意が必要です。
というのも、霊聴で聞こえるもののすべてが、チャネリングとして守護存在からおろされた情報というわけではないのです。低級霊にそそのかされてしまっていることがあります。
怒り、憎しみ、不安、悲しみなどのネガティブな感情にさいなまれているときは、低級霊とつながってしまいやすいので、霊聴を獲得したなら、気分の切り替えが早く行えるように努めましょう。
もしそれが出来ないなら、低級霊の誤った示唆に振り回されてしまったり、おどろおどろしい声ばかり聞いてノイローゼになってしまうので、霊聴を閉じたほうが良いです。あなたが強く望めば、霊聴は閉じることができます。

商業チャネラーは「無料の鑑定が嘘」「高額の鑑定が本物」とは区切れない。

低級霊に介入される事態は、商業チャネラー・霊能者の身にも起きていることです。低級霊とつながってしまうことがあるという事実に、気づいていないチャネラー・霊能者が多いです。
「無料の鑑定が嘘」「高額の鑑定が本物」というわけでもなく、無料で鑑定する人の中にも精度の高い人はいますし、高額で鑑定している人の中にも信用ならない人がいます。有名な人、人気の人が正しい霊聴をしているというわけでもないので注意が必要です。
むしろ、金銭欲に溺れると低級霊に介在されてしまうようになるので、有名・人気でお金をたくさん稼いでるチャネラー・霊能者のほうが、霊聴内容はアテになりません。

チャネリングでの人助けは、デリカシーを持って行うべき。

霊聴チャネリングで人の悩み相談に乗ることは悪いことではなく、それが本来的な霊聴の役目でもありますが、しかしチャラチャラと宣伝して商売するようなことは、霊聴技術者のあるべき姿ではないのです。
つまり、霊聴を誇示するチャネラー・霊能者の95パーセントくらいは、信用がおけません。

霊聴を指針にしたいなら、自分で霊聴を行うほうが良い。

霊聴チャネリングを人生の指針として活かしたい場合、出来れば、自分で霊聴能力を獲得するか、近親者などあなたから商売する気のない人に協力してもらうようなスタンスのほうが良いです。
霊聴相談も体力や時間を消耗するものですから、それを行って対価をもらうことは悪いことではありませんが、しかし本来、霊聴鑑定や霊聴指導は、お金儲けの材料にすべきではないのです。上品な霊聴チャネラーと付き合うようにしましょう。あなたもまた、上品で無欲な霊聴チャネラーになりましょう。
また、無料で霊聴鑑定してもらうことを求める人が多いようですが、霊聴作業にも時間と労力がかかります。少なからず疲労するものでもあります。お礼をする心は持つべきです。

霊聴を通り越してしまっている人がいる。

まれに、座禅瞑想を正しく重ねてもレイキアチューンメントを受けても、霊聴が開発されない人がいます。
あなたは、子供の頃にまぶたの裏に何かを視たり、霊の声を聞いたりはしていませんでしたか?不眠症気味の人は、眠る前の目を閉じている長い時間が、座禅瞑想と同じような効果を発揮してしまって、サイキックの段階が無意識に進んでしまうことがあります。それにより、霊聴の段階もとおりこし、目立ったサイキックが何も使えないモラトリアムな状態に入ることがあります。
ペンジュラムを回してみてください。疑う余地もないほどにペンジュラムがぐるぐる回るなら、あなたは霊聴能力の獲得に至っていないわけではなく、それをもう通りすぎているのです。ペンジュラムも回らないようであれば、あなたの座禅瞑想はうまくいっていないようです。

インディゴチルドレンは霊聴を使えない人もいる。

また、あなたがインディゴチルドレン(スターパーソン)なのであれば、座禅瞑想を重ねてもレイキアチューンメントを受けても霊聴は使えません。一度か二度は体験するかもしれませんが、恒常的に使えたりはしないでしょう。これは、インディゴチルドレンはチャネリングの回路を担う使命を持っていないからです。

生まれつき霊聴が使えてしまう人もいる。

なお、逆に、座禅瞑想もレイキアチューンメントも経験したことがないのに、霊聴が扱える人がたまにいます。
これは、2つのパターンが存在します。

1つは、過去世で霊聴の修行を終えている場合です。そのような人は、今生で生まれたときから霊聴を備えていることがあります。ソウルカラーと使命によっては、過去世で修業済みでも使えないこともありますが。
東北のイタコ、沖縄のユタなどにはこのような人が多いです。また、スピリチュアリストの親御さんの子にもこのような人が多いです。

もう1つは、クリスタルチルドレン(天使の魂の転生者)である場合です。平成生まれの日本人に多いクリスタルチルドレンたちは、生まれたときから霊聴を扱える人がまれにいます。
清い心を保っていれば、そのまま霊聴能力は継続し続けますが、多くの場合、幼稚園を卒園する頃にはもう、心が汚れてしまって霊聴は閉じます。再び努力をすれば、霊聴はまた獲得することができます。

本物の霊聴能力者を見極めるのは、一般人には難しい。

霊聴について、本物か嘘かという議論をする人がいますが、霊聴がまったくできないのに出来るフリをしている鑑定者はあまりいません。チャネラー・霊能者を名乗る人の多くが、本物の霊聴能力者ではあるのですが、低級霊とつながってしまっているケースは多いです。
霊聴能力者が本物(信頼のおける答えをくれる)であるかどうかを見極めるのは、非常に難しいです。インターネットや友人のクチコミでは判断できません。テレビに出ていたり本を書いたという肩書きを持っていても、本物の証明にはなりません。
なにしろ、精神の上下によって低級霊につながってしまうことが簡単に起こるため、「この人は本物、あの人は偽物」と区切ることはできないのです。

そのため、卑弥呼や平安時代の巫女たちは、審神者(サニワ)と呼ばれる審判をそばに付けたのです。サニワは逐一チャネリングの内容を審議し、それが信用に値しないものであれば大衆には届けませんでした。
今でも、サニワ能力のある人に精査してもらってから依頼者に回答したりインターネットに掲載したりする良識あるチャネラーが居るのですが、世界にほんの数人程度です。他の大部分の霊聴能力者は、審議もせずに無防備に他者に公開しています。

霊聴が「当たる」かどうかの定義も難しいところがある。仕組みを知って。

霊聴について、「当たる」かどうかということになってくると、またやや違った理由で判別が難しくなります。
たとえば、あなたが霊聴鑑定者に、「私の使命は何ですか?」と相談したとします。霊聴鑑定者はチャネリングを行いあなたの守護天使に確認を取ります。そこで、「シンガーソングライターになって大衆を啓蒙すること」という答えが出たとします。
しかしだからといって、あなたがシンガーソングライターになることが確約されているわけではないのです。努力や行動をしなければシンガーソングライターになることはありませんし、また、狭き門の業界であり他人から見た良し悪しが大きく影響する業種ですから、努力や行動が充分でもシンガーソングライターになれないこともあるのです。もしなれないとしても、それは、その霊聴鑑定者の霊聴が「当たらなかった」とは言えません。
たとえば、あなたが霊聴鑑定者に、「職場に私のことを好いている男性はいますか?」と相談したとします。そこで何人かの名前が挙がり、あなたは告白を試みますが、ふられてしまったとしましょう。ふられてしまったとしても、「好いている」という鑑定結果が「外れていた」とは限らないのです。鑑定してから告白するまでの間に、あなたへの思いが冷めてしまうこともありますし、他の女性と付き合ってしまってあなたと付き合えないこともありますし、仕事や趣味に熱中したいから断られるケースもあります。
このように、どんなに精度の高い(いつも高次存在からの答えを霊聴できる)霊聴鑑定者であっても、未来の出来後を「必ず当てる」ことは出来ないのです。それは、未来はまだ決まっていないからであり、私たち一人ひとりの行動によっていくらでも変化しうるものだからです。
未来はまだ決まっていません。霊聴で当てられるものではないのです。

霊聴は「占い」とは異なる。事実を知るツール。

霊聴のことを「占いの1つ」と形容したり、「霊聴占い」といった言葉が使われることがありますが、霊聴は「占い」とは異なる概念のものです。占いはオカルトですが、霊聴は、(ちゃんと高次存在からの答えを下ろせていれば)「確かな事実」を伝えるものだからです。
上述したような理由から、霊聴した結果が当たらないことはありますが、しかし他の占いが当たらないこととその構造は異なります。
まぁ、多くの人にとって、科学以外の方法で何かを知ろうとすることは、すべて「占い」と解釈しているのかもしれませんが。そのあたりの細かい言葉のニュアンスに関しては、何が正しいと言い切れるものではないので、言及は避けます。

精神薬で起こる幻聴は霊聴の一種。

精神薬などには、霊聴を発現させる効果のあるものがあります。
精神薬を飲む人が「幻聴が聞こえる」とよく言い出すのは、このためです。
精神薬での霊聴の場合、つながる霊的存在をコントロールするのが難しいため、変な声を聞き続けてノイローゼになってしまったり、死にたくなってしまったりすることがあるのです。
幻聴が聞こえてしまう人は、精神薬は飲まないほうが良いです。

耳鳴りは霊聴ではない。耳鳴りは心霊現象ではない。

耳鳴りが霊聴の一種であると説明する人がいますが、それは誤りです。耳鳴りは心霊現象ではなく、フィジカルな要因で起こるものです。
ごくまれに、耳鳴りのような霊聴が起こることも無いことは無いでしょうが、耳鳴りと勘違いしそうな音をわざわざ聞かせるようなことを、守護霊たちはしません。

大麻を使った霊聴補助は良いものではない!大麻は神聖ではないです。

スピリチュアリストの中には、大麻を使った霊聴補助を肯定する人がいますが、その考え方は危険です。たしかに、古代の巫女には大麻を用いて神事の霊聴を補助していた者たちもいるのですが、それはあくまで巫女の初級者たちが一時的に行っていたことにすぎませんし、危険がないように審神者(サニワ)が監督をしていました。大麻は本来、霊聴の補助として推奨すべきものとは言えないのです。
「大麻は神聖なものである」という解釈も、神道業界ではとても広く普及していますが、つまり間違っています。

霊聴を補助するパワーストーンは、ラピスラズリなどの藍色のもの。

パワーストーンの中には、霊聴を補助する作用を持ったものがあります。
ラピスラズリが有名ですが、濃紺色をしたパワーストーンであればどれも効果の度合いは同程度です。色のくすんだ安い石でも、効果は高級な石と変わりません。また、透明色のクリスタル(水晶)にも霊聴を補助する作用があります。
しかし、パワーストーンを使わないと霊聴ができないなら、もう少し座禅瞑想の練習を積み重ねたほうが良いです。

れなさん

52,266 views

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧