【知っておくべき!】次元の高い人はどのような性格をしているのか?

プラチナチルドレン、オールドソウル、インディゴチルドレン、ピュアインディゴ、レインボーチルドレン、ライトワーカー・・・
そのような、次元が高いと言われている人々に出会って交流したいと望んでいる人は多いようです。師事して色々教わりたい人は多いようです。
しかし、次元の高い人がどのような性格、どのような振る舞いをしているか知らなければ、カルト宗教の教祖のようなスピリチュアリストに信望してしまうでしょう。実際、そうなってしまっている人は多いです。
本当に次元の高い人は、どのような性格をしているのでしょうか?

あのスピリチュアリストは本当に次元が高い?チェックリスト!

次元の高い人の振る舞いを、箇条書きで挙げてみましょう。これはそのままチェックリストになります。あなたの信望しているスピリチュアリストは、これらのうち何項目が該当しますか?
あなたは、何項目が該当しますか?

  • とても穏やかで、声をあらげない。
  • でも必要なときにはきちんと叱る。
  • がまん強い。
  • べらべらとおしゃべりをしない。
  • お金をもらう仕事を嫌う。
  • 豊かになることではなく、お金のいらない社会を造るために啓蒙している。
  • 男性に養われることを嫌う。
  • 神秘的な格好や言動、絵などを好まない。
  • 普段の生活でスピリチュアルなことをあまり話さない。
  • グルメに夢中になったりしない。
  • 欲が薄く体を動かすので、体型がスリム。
  • 肌に透明感がある。化粧をあまり好まない。
  • 魅力的な笑顔を持つ。
  • いつもニコニコしている。
  • 偉そうな態度をとらない。
  • リーダーになりたがらない。人を仕切りたがらない。
  • 争うことを好まない。スポーツにも熱狂しない。
  • 民泊やペンション、ゲストハウスを好む。
  • 公園や自然をとても好む。ショッピングモールより公園を好む。
  • セックスにおいて、相手を悦ばせることに喜びを感じる。そのためセックスレスになりにくい。

まず、アセンションを達成している人は、これらの項目をすべて満たしています。「すべて」です。まぁ、アセンションの達成者は現代日本にも現代地球にもほとんどいませんから、その基準で人をみるのはあまり意味がありません。
尊敬に値するのは5次元程度の精神レベルにある人です。5次元の人も、やはりこれらすべての条件を満たしていることが多いです。
これらの項目のうち「NO」が2つ以上あるなら、その人はあまり次元の高い人とは言えません。師事する人を変えたほうが良さそうです。

次元の高い人をアニメの登場人物でたとえると、このような感じです。

  • 「風の谷のナウシカ」のユパ様
  • 「天空の城ラピュタ」のパズー
  • 「となりのトロロ」のパパ(サツキ・メイの父)
  • 「魔女の宅急便」のウルスラ(画家の女の子)
  • 「ドラゴンボール」の孫悟空
  • 「ドラゴンボール」の亀仙人
  • 「ムーミン」のスナフキン

宮崎アニメの各ヒロインたちもかなり精神性が高いです。しかしやや感情的になりやすい性質をしているので、「次元」という概念で言えばあまり高い評価はできません。感情の起伏さは物語をドラマチックに盛り上げるために仕方なく挟んだものと考えるなら、ナウシカやシータ、サツキなどは上記の人物に匹敵するほどの精神性があります。
ここで名前が挙がった人物たちは冒険的な人が多いですが、実際問題としてバックパッカーには次元の高い人が多いです。有名になろうとしないバックパッカー、旅行を職業にしていないバックパッカーです。

それでは、チェックリストに挙げた項目をさらに詳しく解説していきます。

とても穏やかで、声をあらげない。

「仏の顔も三度まで」という言葉がありますが、たしかに次元の高い人というのはとても穏やか、温厚です。人に対してとても優しく、誰かが彼に悪いことをしても、目を吊り上げたりしません。
声を荒げるようなことはほとんどなく、いつも穏やかにしゃべります。
また、天使たちもこのような気質を持ちます。そのため、クリスタルチルドレンたちも本来は、このような気質を持つものです。平成世代におっとりした人が多いのはそのためです。
小倉優子さんが、非常におっとりしたしゃべり方をすることで有名になり、人気になりました。「ぶりっこ」と言われ、反感を持つ人も多いようですが、小倉優子さんのような話し方は、クリスタルチルドレンたちの本来的なもので、良いお手本と言えます。

がまん強い。

感覚が鈍感ゆえに温厚な人もいますが、次元の高い人の温厚さはそれとは違います。感覚も神経も繊細で、苦痛や怒りも敏感に感じ取っていますが、がまん・忍耐によってそれを内に押しとどめます。また、むやみに怒っても有意義な結果にならないことをよくわかっており、だから感情表現をコントロールします。怒りを感じても、それをそのまま表には出さないのです。
怒りだけでなく、苦痛に関してがまんし、あまり表に出しません。苦痛を感じても、ものや人に頼って解決する前に、自分の努力で解決したり、がまんで解決しようとします。病院に行くことも嫌い、薬も好みません。

でも必要なときにはきちんと叱る。

穏やかで温厚な人というのは、そう少なくもありません。しかし、そのような人の多くは、「平和」というよりは「ことなかれ主義」なところがあります。
クラスにいじめっこがいるのに何もせず静観しているのは次元の高い振る舞いとは言えません。それはただ内向的・無関心なだけです。
次元の高い人というのは、注意する必要のあるときには心を鬼にして声をあげます。感情にまかせて怒鳴り散らすのではなく、大人びた注意をし、叱ります。
優しい性格をした教師には、この使い分けのできる人が多いですね。

べらべらとおしゃべりをしない。

スピリチュアリストで求心力のある人は、四六時中おしゃべりをしているような人が多いです。多くの人を集め、慕われていますが、実はあまり次元が高いわけではありません。霊能力があり、スピリチュアリズムの基礎知識を持つでしょうが、それだけです。霊能力と基礎知識であれば、1次元、2次元の人でも持ちあわせることがあります。
次元の高い人は、雄弁な会話力を持ってはいますが、「おしゃべり」という感じではありません。自分からはあまり話しはじめず、むしろ静寂を好みます。お客さんが来たときなど、「静寂を作らないために話す」という感じです。聞き役と話し役の使い分けが上手く、他に饒舌な人がいるなら自分は聞き役に回るでしょう。
長電話などもしません。女子会や飲み会、オフ会といったものも好みません。
アイドルやドラマ、恋愛談義について延々としゃべり続けるような、女性特有のトークも嫌います。そうした輪の中に、あまり入ろうとしません。

お金をもらう仕事を嫌う。

次元の高い人は、お金持ちになろうとしません。
非常に次元の高い人は、「お金の介入しない社会を造りたい」と強く願っています。スピリチュアリストでなくても、漠然とそうした社会に理想を抱き、自分もそのために頑張ろうとします。
そこまでは至らないがかなり次元の高い人は、生活のためのお金を得るためには働いたり駆け引きしたりもしますが、それ以上の富を求めません。より多くのお金よりも、誠実であることや円満な人間関係を愛し、そのために行動します。
自給自足に興味を持ち、取り組む人の中には、こうした観念を持つ人が多いです。ミニマムライフなど好む人も同じですね。四国など、地方にもそのような人は多いです。

豊かになることではなく、お金のいらない社会を造るために啓蒙している。

スピリチュアリストの中には、「豊かになるために引き寄せの法則をマスターしましょう」などと説く人が多いです。
「豊かになることは罪ではありません」などと力説し、自分もぜいたくに暮らそうとし、引き寄せのメソッドなど説きますが、人より多くのお金を得ようとする心理が、格差社会を生むのです。そしてぜいたくをむさぼろうとする心理が、おろかな社会を生むのです。
次元の高いスピリチュアリストは、お金持ちになる方法を説いたり、物欲を満たすための引き寄せを語ったりはしません。もちろんそうしたことでワークショップを開いたりはしないのです。
次元の高いスピリチュアリストは、お金のいらない社会を造るためにはどうしたらよいか、それについて発信し、啓蒙しています。そして自分も実践していて、質素にクリエイティブに生きています。美しいものを愛していても、もっぱら自分で作ることを好み、ブランド物など買いません。
お菓子や高価な服など、快楽欲求を否定する必要はないのですが、それは子供のうちに楽しんで、早めに卒業すべきものなのです。次元の高い人は快楽欲求を卒業しており、高級お菓子などは贈り物でもらったときにちょっと楽しめばそれで充分、と思っています。むしろ高級品にあまり魅力を感じていません。

男性に養われることを嫌う。

これは女性の話です。
次元の高い人、つまり精神性の高い人は、女だからといって男性に扶養されることに申し訳なさや罪悪感を抱きます。自分の生活費は自分で稼ぐべきだと考え、そのために歯を食いしばってがんばります。

神秘的な格好や言動、絵などを好まない。

次元の高い人は、過剰な神秘主義を嫌います。
彼は、世の中には非科学的なことがあるのだと知っていますが、神秘的なもののほとんどがペテンであることも気づいています。そして、神秘的な格好や言動を多用する人は嘘つきであることに気づいています。だから自分は神秘的な格好や言動をしません。
次元の高いスピリチュアリストは、非常に普段着っぽい格好で活動をします。神職者のような衣装は着ませんし、神秘的なドレス、舞台衣装なども着ません。服装で権威を示そうとするようなことを嫌います。白装束のような麻服なども着ません。
SNSのプロフィール画像に、神秘的な天使の絵、イルカの絵、宇宙の写真など使ったりもしませんね。人に神秘的な印象を与えることを嫌います。過剰な神秘はペテンだからです。

普段の生活でスピリチュアルなことをあまり話さない。

上と似たような話になりますが、次元の高いスピリチュアリストというのは、スピリチュアリズムの多くがまゆつばであることを見抜いています。
友人と服の色が同じでも「シンクロだー!」などと言いませんし、前を走る車のナンバーが333でも「エンジェルナンバーだー!」などと言いません。
「数秘術的に運勢が悪いから今年は動かない」などと言いません。
起きた出来事をスピリチュアルな言葉で解釈するようなことを嫌い、論理的にふるまいます。
「天使が私を助けてくれるから大丈夫なの」といったことは言わず、自分で働いて生計を立て、何ごとも自分の努力で解決しようとします。
迷信めいた言葉も口にしません。
オラクルカード、タロットカードなども好みません。それがでたらめであると気づいているからです。

グルメに夢中になったりしない。

次元の高い人は、快楽欲求が身を滅ぼすことをよく知っています。特にグルメは、体に直接的に跳ね返ってくるため、控えめにしています。
グルメを嫌いはしませんが、ちょっと楽しめばそれで充分と思っています。欲が薄いです。
また、グルメや快楽の話をしていると、精神性の低い人ばかり寄ってきてしまうことをわきまえています。それは快適でないので、あまりべらべらとグルメの話はしないし、グルメな商売や情報発信をしたりもしないのです。
次元の高い人は手作りのスイーツを好みます。甘さ控えめでヘルシーです。かといって高価な健康食材を買ってきたりはしません。家計を圧迫しても健全ではいられないからです。安い食材でヘルシーなものを作ります。
次元の高い人はお酒も飲みません。お酒も体に悪いですし、酔って人に迷惑をかかけることの多いものだとわきまえています。
タバコも同様に、体に悪く人に迷惑をかけるので、嫌いますし、自重します。

欲が薄く体を動かすので、体型がスリム。

次元の高い人は、あまり特別な食事健康法をしません。断糖肉食やカロリー制限食などしないのです。なぜなら、欲が薄くあまり多く食べないため、糖質や炭水化物など気を付ける必要もないのです。そうした特殊食にお金や神経を使うことは心身の健康にあまりプラスになっていないことを心得ています。
マクロビオティックくらいは興味を持ちますが、あまり細かいことはやりません。
あまりガツガツ食べず、そして体をよく動かす働き者なので、必然的に体型はスリムです。精神性の高い人は太りません。
精神性が高くても太るのは、家族の世話を真剣にやっている人くらいです。

肌に透明感がある。化粧をあまり好まない。

ヘルシーな食生活や活発な振る舞い、そして添加物をあまり摂取しないので、次元の高い人は透明感のある肌を持っています。あまり年齢を感じさせない若々しい顔立ちをしています。
意外と美しい人が多いのですが、かといって化粧はあまり好みません。ナチュラルメイクやすっぴんを好みます。厚化粧することは「虚偽」だと感じて嫌います。また、自然主義な暮らしをしているので、厚化粧することを不快に感じます。

魅力的な笑顔を持つ。

次元の高い人は、何事もポジティブに考えます。クヨクヨすることを嫌い、怒ることを嫌い、すぐに気持ちを切り替えて楽しいことを考えます。人前で微笑むことが人の気分をよくすることを知っており、それを意識的に行います。
こうして笑顔の筋肉が発達しているため、魅力的な笑顔を持ちます。
商売上ニコニコしているのではなく、裏でも、家族の前でもほがらかに微笑みます。

いつもニコニコしている。

次元の高い人は、いつもニコニコしています。性格は真面目ですが、シリアスすぎることは有意義でないと心得ています。真面目ぶってすごい人のように見せようともしません。
人前でも、人のいないところでもニコニコしています。
ゲラゲラ笑うというよりも穏やかに微笑みます。

偉そうな態度をとらない。

次元の高い人は優秀で、リーダーの座に任命されることが多いです。子供のうちにそれを多く経験しますが、だからこそ一般社会の社長や政治家などの偉そうな態度が虚構だとわかっています。本当に立派な人間は偉そうな態度をとらないことをわかっています。
そして自分は庶民的にたたずみ、皆と同じ目線で振る舞います。必要に応じてリーダー役はやりますが、権威的な態度はとりません。
女子アナウンサーが番組を進行するするようなニュアンスで場をまとめます。

争うことを好まない。スポーツにも熱狂しない。

次元の高い人は、争うこと全般を嫌います。1位になって栄光・富を得ることよりも、争わないことを選びます。
勝ち負けの概念を嫌うため、スポーツも好みません。勝ち負けの激しい球技などに打ち込むことは少なく、また、そうしたスポーツの観戦にもあまり熱中しません。社会に合わせてオリンピックを語ったり日本シリーズを見たりしますが、お金を出してスタジアムに行ったりはしません。
スポーツをする場合、もっぱら自分と戦っています。

民泊やペンション、ゲストハウスを好む。

次元の高い人は、心暖かい人情を持っています。そのため、旅行をするときはシティホテル、リゾートホテルよりもペンションや民泊、ゲストハウスなどを好みます。そして存分に見知らぬ人々と交流してきます。
自ら人を泊めたり、ペンションを営んだりするようなことも好みます。

公園や自然をとても好む。ショッピングモールより公園を好む。

次元の高い人は、自然をよく好みます。シーズンに1回自然の観光地に出かけるというよりは、自然のあるところに住みたがります。事情から都心近郊に住まなければならない場合も、公園の前など好んで家を借ります。
「公園もいいよね」というよりも、駅ビルやショッピングモール以上に公園や自然を好みます。
美しい花が好きというよりも、草木の緑に心地よさを感じています。

セックスにおいて、相手を悦ばせることに喜びを感じる。そのためセックスレスになりにくい。

次元の高い人は、セックスにおいて、自分の快感だけでなく相手を悦ばせる(官能させる)ことに喜びを感じています。
そのため、とても熱心に愛撫をしますし、積極的なセックスなします。Mにはならないのです。Mの悦びも知っていますがSの悦びも知っており、両方をエンジョイします。
セックスにおいて、相手の性欲解消や喜びの充足を意識するので、自分があまり性欲を感じていないとしても、セックスを交わします。マッサージ師と同じような感覚で、セックスも捧げるわけです。そのため、セックスレスになりにくいです。

れなさん

66,042 views

まとめサイト・情報サイトのライター様へ。 当サイトの文章を転載・コピーなさる場合、必ず当該ページへの引用リンクを貼ってください。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧