【詳述】マグダラのマリアとは?~イエスキリストと人類のために身体を張った、孤独な女性~

マグダラのマリアは、本当はもっとリスペクトされるべき女性です。

マグダラのマリアとは?イエスの弟子であり秘密の恋人。

マグダラのマリアとは、イエスキリストの弟子及び恋愛のパートナーとして知られている女性です。同じマリアでも、聖母マリアに比べてあまり崇拝や尊敬の対象とはなっていませんが、マグダラのマリアもまた、イエスキリストの磔刑の時代において、大きな役割を果たした聖人の一人です。

マグダラのマリアは娼婦だったのか?

マグダラのマリアを語るうえで最も焦点が当たるのは、「マグダラのマリアは娼婦だったのではないか?」という疑惑です。娼婦とは風俗嬢のことですね。
端的に言って、その疑惑の答えはNOです。マグダラのマリアは娼婦などではありません。しかし、マグダラのマリアが娼婦の疑いを掛けられるのは、無理もないことかもしれません。

マグダラのマリアのはイエスと出会うことが宿命づけられていた。

マグダラのマリアは、生まれたときからイエスキリストの性的パートナーとなることが決まっていました。そのため、イエスキリストの母マリアと同じ名前が付けられたのです。イエスキリストとマグダラのマリアがニアミスしたときに、すぐに注意を向けてもらえるようにするための計らいです。現代スピリチュアルの言葉で言えば、「シンクロニシティを仕掛けた」ということです。

マグダラのマリアはイシス神殿でスピリチュアルセックスを体得する。

マグダラのマリアは、物心ついた頃からエジプトの女王イシス神殿に預けられています。ここは修道院のような場所ですが、一つだけ修道院とは異なることがあります。イシス神殿では、性魔術を教えているのです。性魔術とはセックスの魔術、つまりスピリチュアルセックスです。マグダラのマリアは、スピリチュアルセックスを体得していたのです。

イエスもその両親も、啓蒙のためにやってきたインディゴチルドレン。

ちなみに、イエスキリストが磔刑に処されることは、事前に予言されていたことでした。聖書にも記載してあることですが、イエスキリストとその仲間たちは、予言書に書かれていたとおりに物事を実行したのです。
もちろん、イエスキリストの誕生からして予言されていたことで、これは誕生を祝福するために三賢者が来訪したエピソードで有名です。イエスキリストが霊的教師になることもあらかじめ予定されていたことで、それにふさわしい両親が選ばれています。イエスキリストの父ヨセフも母マリアも、魂は地球人でなくスターパーソン(宇宙人)です。イエスキリストもスターパーソンです。
そして、遠く離れた地でも、磔刑と再降臨のための準備は進められていました。それがマグダラのマリアの出生です。彼女は生まれたときから、遥かなる使命を持っていたのです。ちなみにマグダラのマリアはスターパーソンではなく、クリスタルチルドレン(天使の転生者)です。

イエスをサイキックアタックから守るために、マグダラのマリアはスピリチュアルセックスを捧げた。

イエスキリストは、既存の宗教や金融機関を厳しく批判し、啓蒙して周りましたが、それにより彼が吊るし上げにされるだけでなく、たくさんの非難、つまりサイキックアタックを受けることは霊界からも予想されるものでした。そのため、イエスキリストを莫大なエネルギーでガードすべく、スピリチュアルセックスを扱える聖女を配したのです。スピリチュアルセックスとは、相手のエネルギーフィールドを増強するセックスです。
マグダラのマリアは大人になり、無事にイエスキリストと出会います。そして自分の役割を告げ、イエスキリストに身体を捧げます。このことにより、マグダラのマリアはイエスキリストをたぶらかした娼婦であるという汚名が飛び交ったのです。
そのためマグダラのマリアは、イエスキリストが磔刑と再降臨の使命を達成した後、一人ひっそりとエルサレムから姿をくらましました。

マグダラのマリアは孤独な英雄。罵声ではなく称賛を得るべき人。

マグダラのマリアは、娼婦の汚名を着せられ、イエスキリストの恋人として嫉妬され、孤独な余生を生きながらも、イエスキリストのために、そして後世の人類のために、自分の難しい使命を果たしたのでした。

なお、マグダラのマリアがエルサレムから失踪した後のエピソードについて書き記されている小説があります。この作品の中のマグダラのマリアとその子孫に関する記述は、真実です。
>>『イエスの子らよ』

れなさん

52,871 views

まとめサイト・情報サイトのライター様へ。 当サイトの文章を転載・コピーなさる場合、必ず当該ページへの引用リンクを貼ってください。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧