【詳述】オールドソウルとは?徹底解説!特徴、使命、恋愛傾向。インディゴチルドレン。

スピリチュアルな素晴らしい指導者を探している人も、ステキな恋人を探している人も、「オールドソウル」のことをぜひ知っておくべきです。誰も知らない、でもとびきり素晴らしい人です。
特にスピリチュアリストは、オールドソウルを絶対に理解すべきです。スピリチュアリストがみんなオールドソウル的感性になったら、地球は集団アセンションが叶うのですが・・・!
この記事はおそらく、世界で最も詳しく、そして正確に、オールドソウルを解説します。

目次

オールドソウルとは?インディゴチルドレンの第一人者。

オールドソウルとは、インディゴチルドレンの一種、つまり宇宙人の魂を持つ人々の一種です。ピュアインディゴでもあります。プラチナチルドレンというのもオールドソウルのことです。
生前の魂は非常にハイレベルで、赤ちゃんに宿って産まれることによって生前の記憶を失っても、高い精神性と能力を発揮して生きる人が多いです。
インディゴチルドレンの多くは成長とともに堕落していってしまいますが、オールドソウルは高い精神性とさわやかで魅力的な人柄を保ったまま大人になる人が多いです。
オーラソーマに、B047【オールドソウル】というボトルがありますが、ボトルリーディングの際、1本目に頻繁にこのボトルを選ぶなら、あなたはオールドソウルかもしれません。
英語ではoldsoulと書き、文字通り「古い魂」の意味です。

オールドソウルは英雄!?

「オールドソウル」の魂を持つ人は超高次元の英雄気質ですが、しかし有名人やお金持ちになって快楽を享受して幸せに暮らす、というような人生にはなりにくいです。
「オールドソウルのささやき」という素晴らしいスピリチュアルブログがあったので、一部のスピリチュアリストには、「オールドソウル」は偉大な人として有名になってきました。「オールドソウルと恋愛したい、結婚したい」と願う女性は多いかもしれませんが、オールドソウルは裕福に女性を貢ぐようなタイプではありません。
優しく、ユーモラスで、さわやかで美的センスもあり、博識で話が面白く、セックスが優しく・・・と、オールドソウルは大抵そのような万能性をみせるので、恋愛していて楽しい人ではあります。しかし、男性にお金や貢ぎを期待する女性にとっては、あまり魅力的な人とは言えないでしょう。
また、カリスマ霊能者に魅了される人にとっても、オールドソウルはあまりすごい人に感じられないでしょう。

オールドソウルの役割・使命。

オールドソウルは、「国生み」や「啓蒙」の役割・使命を持って生まれており、そのスペシャリストとなるために、質素で精神性の高い親元に生まれます。その環境ゆえ、彼らは自然と、お金持ちな大人・職業を目指したりはせずに、もっと精神的な向上や充足を重視した大人になります。
作家やシンガーソングライターには、オールドソウルが多いです。身体を使う業界よりも、文科系の業界に落ち着く人が多いです。
子供の頃は非常に目立ちます。頭がよく発言力がありリーダーシップに長けるので、ムードメーカーや学級委員などよく担います。が、彼らは有名になることを好みません。富や名声に興味を持たず、富や名声が虚しいものだと気づいています。そのため、大人になると目立つことはあまりしなくなります。芸能界や社長などは目指さず、ひっそりと生きます。

オールドソウルらしいキャラクターは、スナフキンやユパ、おおかみこどもの「彼」。

オールドソウルらしい気質の人物をアニメのキャラクターで言うと、下記のようなものが挙げられます。

  • 『ムーミン』に登場する「スナフキン」
  • 『風の谷のナウシカ』に出てくる「ユパ」
  • 『となりのトトロ』に登場する「サツキとメイのパパ」および「サツキ」
  • 『おおかみこどもの雨と雪』に出てくる「彼」
  • 『思い出のマーニー』の「杏奈」
  • 『耳をすませば』の骨とう品屋の「おじいさん店主」
  • 『ドラゴンボール』の「孫悟空」、「孫悟飯(息子のほう)」

自分から勉強し、知識を増やすオールドソウル。

勉強に関しても、幼いうちから目を見張るものがあるでしょう。頭がよく、知的好奇心も強いため、親があまり教育熱心でないとしても自分から数字や漢字に興味を持ち、幼稚園のうちから小学1~2年生並みの知能を見せるでしょう。
進学クラスの高校に進む程度の学力や勤勉さは持ちあわせるでしょうが、しかし彼らは学力・学歴といったものにあまり価値を感じないでしょう。そして勉強とは違う道に進んでいきたがることが多いですが、それを尊重してやったほうが良いです。

オールドソウルは運動に向かない。

オールドソウルは、子供のうちは運動神経も良いでしょう。これは、遺伝子的な要因と、自然にかこまれて育つ環境的要因が重なって起こります。オールドソウルを授かる親御さんは、自然好きが多く、公園や森林のすぐそばに家をかまえるからです。そしてそこに子供をよく連れ出すでしょう。
しかしオールドソウルは、ぜんそくなど、運動に大きな支障をきたす持病を抱えていることが多く、中学生に入るくらいの頃には文科系な気質に移り変わっていきます。運動の道に進むと精神的な啓蒙が難しくなるため、あまりそちらには進まないほうが良いです。
完璧主義のオールドソウルにとって、運動で優秀な結果が出なくなってくるのは悔しいかもしれませんが、運動はあなたの使命ではないので、割り切ってください。

「多彩な経験」と「気づきの発信」がオールドソウルの生き方。

「22歳で就職する」という生き方は、オールドソウルには適していません。親が厳しく強要するならそれをやってのけるでしょうが、しかし人生に虚しさを感じて、遅かれ早かれドロップアウトするでしょう。

「広く世界を知りたい」と願い、転職を繰り返したり海外放浪に出たりするでしょう。周りからはフラフラと遊んでいるようにみられるかもしれませんが、彼らはその経験の中で深く広い洞察を持ち帰り、そしてそれを人に話して聞かせるようになります。今の時代ですとブログやSNSなどを用いて情報発信をするようになるでしょう。それこそがオールドソウルの使命です。他のメディアが書かないような真相や解釈を、胸を張って発信すべきです。
ただし、大衆の理解はそれに追いつかないことが多いです。オールドソウルは、誠実で思いやりが深いわりに、孤立する傾向にあります。その価値観に周囲がついていけないからです。

オールドソウルは生活に困窮しがち。

オールドソウルは、非常に誠実で、対価をもらわずに奉仕や情報発信に打ち込む傾向があります。そのため、生活費に困窮したり、啓蒙活動に充分な費用が掛けられなかったりします。資金があり、かつ彼の思想に共鳴できる人が、彼の生活や活動を金銭的にサポートしてあげられると理想です。

スピリチュアルに興味を持つが、派手なサイキックは持たない。

オールドソウルは、スピリチュルなことに興味を持つことが多いです。自然と座禅瞑想に励んだりもするでしょうが、派手なサイキックを得ることはないでしょう。
オールドソウルはサイキック能力で活躍する使命を持っておらず、むしろそのような霊能者たちの不正を暴く・見極める「サニワ」としての役割が期待されています。
霊視や霊聴を扱う霊能者の中に、オールドソウルはいません。まれに女性のオールドソウルで霊聴を持つ人がいますが、人生相談でお金をとるようなことを嫌うでしょう。

オールドソウルはライトワーカーだが、ライトワーカーを名乗らない。

オールドソウルは奇妙な善人であり、奇妙な偉人です。
正義感や強く、奉仕心が強いので、まず間違いなく何か人の役に立つことをしながら生きます。それがスピリチュアリズムに関連していることも多いです。
しかし、名声欲も金銭欲もないため、「私はライトワーカーです」「私は17次元のオールドソウルです」などと名乗ることはなく、偉人ぽいそぶりも見せません。神秘的な衣装なども着ません。
そのため、ながらくスピリチュアルなことを探求していても、オールドソウルの活躍に気付かないスピリチュアリストは多いです。どこかで見かけても、素通りしてしてしまうのです。
神々しい人や有名な人、神秘的な人を追っているかぎり、オールドソウルは見つけられないでしょう。
彼はワークショップなどもやりません。知識は、ブログなど使えば無償で提供できることを理解しているからです。

女性のオールドソウルは美人多し。恋愛は慎重。

オールドソウルは、女性の場合は美人が多く、つまり、性的な魅力も高めなひとが多いです。女性は特に、かなりモテるでしょう。
しかし女性オールドソウルは精神性の高さゆえ、恋愛には慎重です。ちゃらちゃらした男性にはなびかないでしょう。ごちそうやプレゼントを贈られても、それについていくようなことはあまりしません。そのため、モテるわりに恋愛経験は少なかったりします。
真面目でクールですが、おちゃめなところがあり、さわやかな笑いを提供する人の前では子供のようによく笑います。そしてクールなわりに、自分が好きになった男性に対してはとても素直に愛情表現をします。心開ける場所を探し求めているのです。
男性に対しての理想が高く、この人の精神を満足させられるのは男性のオールドソウルくらいなものです。理想が高いといっても高学歴や高収入な男性を求めるわけではなく、誠実でさわやかで面白い男性を好むでしょう。

頭がよく、向上心が高く、自立的です。男性に負けじと立派な社会人になろうとするでしょう。

くみこ、けいこ、れい、れな、まお、あや、あやか、あおい、かおり、かおる、さおり、さやか、るみ、るみこ、るり、るりこ、りか、しおり、しずか、としえ、なお、みおり、みお、みか、みさ、ゆき、ゆきこ、ゆか、よしこ、よしみ、よしえ
といった名前にはオールドソウルが多いです。

男性オールドソウルはモデル体型。恋愛は受け身。

オールドソウルの男性は、背の高いモデルのような体型をした人が多いです。
欲が薄いのであまり食べませんし、働き者なのでよく体を動かします。誠実に生きるオールドソウルは自然と細身になります。イケメンであることはあまりないですが、モデル体型と無邪気な笑顔に魅了される女性は多いです。ほとんどの場合、ひとえ目をしています。独特の目力があり、これに惹かれたりなつかしさを感じたりする人も多いでしょう。

頭がよく、博識です。しかし知性をひけらかすよりもウィットの効いたジョークで人を喜ばせることを好みます。さわやかに笑いを生み出します。芸術や海外旅行を愛し、旅行というよりもバックパッカー的な冒険を愛するでしょう。

戦いを嫌い、非常に非常に温厚ですが、弱い者を守るためには毅然と立ち上がります。先生や社長にも物申すでしょう。クビを覚悟で社長に直談判するような人です。そして会社の環境改善をして、辞めていきます(辞めさせられます)。不思議な人です。
オールドソウルの英雄ぶりはそのような感じで発揮されることが多いです。有名な霊能者になるのではなく、金持ちになるのでもなく、誰も知らないところで小さな組織の改革をし、古臭い制度を壊し、不正をやめさせていきます。そのような生き様をカッコイイと思うなら、あなたはオールドソウルのトリコになるでしょう。

オールドソウルの男性は社交性があり、とても優しいですが、誰にでも優しいです。好きな女性でなくても優しくします。この人は誠実なので、好きな女性にだけ優しくする行為は「不純だ」と感じます。だから誰にでも優しくするのです。
男性オールドソウルは、心が優しいので、人を傷つけまいとして女性を口説きません。口説かれて傷つく女性がいることを、彼はよく知っています。恋愛の話もあまり女性に向けないでしょう。やはり、モテる割に恋愛経験は少ない傾向にあります。
彼らはさわやかな笑顔と人一倍の優しさ、そしてユーモアのセンスと芸術の能力まで持ちあわせることが多く、誠実な女性をとても惹きつけます。楽しいけれどさわやかで、エッチですが誠実です。
女性の場合、恋人に金銭的な裕福さを期待しない誠実な感性の人は、オールドソウルの男性にかなり惹かれるはずです。それほどに圧倒的な魅力と多彩さを、彼らは持ちます。そして実際に、交際はとても暖かく楽しいものになるでしょう。
オールドソウルは「高値の花」ですが、フリーであることは多く、積極的にアプローチするなら意外と交際できます。実際、オールドソウルの男性が付き合っているのは、もっぱら肉食女子です。しかし誠実な女性です。

オールドソウルの恋愛観。きわめて誠実。

オールドソウルは恋愛観も誠実です。オールドソウルの彼、彼女にとって、「プレゼントやごちそうを女性に贈る」という行為は政治家たちのワイロと同じで不誠実な行為に感じられ、そうした恋愛アプローチを好みません。
オールドソウルの男性は、女性に尽くす方法で口説き落としたりはせず、はつらつとした生活を見せている中で誰かが自分を気に入ってくれたらいいな、といったふうに考えます。
オールドソウルの女性は、そんなふうに誠実に生きる男性にトキメキを感じて、でもシャイなので打ち明けることができず、切ない友情関係を続けたりします。
男女どちらも、魅力的でモテるわりにあまり恋愛経験が豊富ではない傾向にあります。
オールドソウルは男女ともに誠実で、恋愛相手に対して献身的なので、非常に楽しく暖かい恋愛になります。そしてドラマチックになるでしょう。

オールドソウルは結婚を好まない。

オールドソウルは、「結婚」という観念に違和感を持つことが多く、結婚したがらない人が多いです。
実際に結婚をしない人が多く、所帯じみないのでいつまでも若々しいです。40代になっても二十代に見えるでしょう。

繊細な女性は、運命の人がオールドソウルである可能性が高いです。

オーラソーマで言えば、B011「花の鎖」やB035「親切心(カインドネス)」をソウルボトルに持つ人は、ツインレイ(運命の人)がオールドソウルであることが多いです。厳密にいうとツインレイではないのですが、「花の鎖」や「親切心(カインドネス)」の女性はツインレイを持たないため、ツインレイの代わりの男性にオールドソウルやそれっぽい性格の男性があてがわれています。
彼らは、あなたの強い霊感や繊細な体質に深い理解を示してくれますが、しかしあなたがパワーストーンでの願望成就など、他力本願で欲深いスピリチュアリズムの感性をしていると、オールドソウルの男性とは上手くいかないでしょう。
オールドソウルの女性も、ツインレイの相手はオールドソウルです。この二人は、感性が似ていて、とてもステキな恋愛になるでしょう。オールドソウルの女性は、金銭欲に目がくらまなければ、かなり高い確率でオールドソウルの男性に好意をもちます。「気が合う」と感じられるのは、彼ぐらいしかいないでしょう。

オールドソウルの特徴。50の診断リスト。

あなたはオールドソウルでしょうか?あなたの気になる彼はオールドソウルでしょうか?あなたがよく読むスピリチュアルブログの作者はオールドソウルでしょうか?この診断リストで十中八九は探り当てられます。

  • 家庭が貧困である。親が誠実で温かい。
  • お酒が苦手。タバコの煙に異常な不快反応を示す。
  • 英才教育などしなくても読み書き計算の習得が非常に早い。
  • 注意されなくても自分から勉強をする。
  • 勉強ができるが学歴を追わない。
  • 勉強が出来るが専門学校などの特殊な環境を選びたがる。
  • 文章能力が高い。
  • 幼いうちから大人びた言動をし、正義感が強い。
  • ユーモアセンスがあり、さわやかな笑いを生む。
  • 幼いうちから夜更かしをするが、芸術などクリエイティブなことに打ち込んでいる。
  • 中学生くらいになると、クラスや職場の中に気の合うが少ない。孤立しやすい。
  • 引きこもりやウツになりやすいが、懸命にこらえようとする。
  • 引きこもっていても自分なりの方法で社会貢献や自己研鑽をしようとする。
  • 燃え尽き症候群に陥る。
  • 社会(会社)の不正に嫌気がさして、賃金労働に抵抗を感じる。
  • 背が高くスリム(男性は180センチ以上、女性は168センチ以上)
  • ぜんそくを患っている。
  • インフルエンザや伝染性の風邪に掛からない。
  • 哲学や神話、考古学に興味を示す。でも神話にゲンメツをする。
  • 宗教に興味を示すが、宗教の教義に矛盾を感じ静観の立場を取る。
  • お金持ちになることに魅力を感じない。
  • 「お金の介在しない社会を造りたいな」と本気で悩み、行動を起こす。
  • エコヴィレッジや自給自足に興味を持ち、行動を起こす。
  • スピリチュアルなことに興味を示す。
  • 「ほとんどのスピリチュアリストは幼いな」と感じる。
  • 宗教神職者がうさんくさいと感じる。
  • 願望成就の宗教を嫌う。
  • 「引き寄せの法則」「新月の願い事」など願望成就のスピリチュアルを嫌う。
  • パワーストーンやアロマオイルに大した効果がないと気づくのが早い。
  • レイキを好むがお金儲け目的の教師はしない。
  • 対価をもらわずに不特定多数の人々に尽くそうとする。
  • それゆえ貧困に陥りやすい。
  • 安くて良質なものを見つけてくるのが上手い。そういうものを好む。
  • お金はかけないが、美的センスはありオシャレ。
  • お金を持っていないが、誰よりも幸せそうに生きている。
  • 感動的なドラマを生み出すのがうまい。
  • 食生活が健康的。健康のために体を動かす。
  • バックパッカー放浪を好む。質素な旅をする。
  • 公園、自然、田舎、ツリーハウスなど好む。
  • 民泊の人情交流を好む。
  • 仕事選びに賃金待遇を度外視する。
  • 人を妄信しない。熱狂的なファン行動をしない。芸能人に憧れない。
  • 病院や化学薬品を嫌う。
  • かといって高価なスピリチュアルグッズも買わない。
  • 痛みや苦痛があっても、まずは我慢で乗り切ろうとする。
  • 結婚を好まない。
  • 宮崎アニメを好む。
  • 星の王子様、モモを好む。
  • 村上春樹の小説を好む。
  • Mr.Childrenやジョンレノンを好む。

オールドソウルの人は、上記の特徴項目の9割くらいは当てはまるはずです。オールドソウルはおよそこのような気質を見せ、このような生き方をします。
7割くらいあてはまる、という場合には、オールドソウルではないインディゴチルドレンか、上級のクリスタルチルドレン(天使の転生者)かもしれません。または、オールドソウルではあれども精神性がいまいちで、オールドソウルの本質を生きれていないのかもしれません。
いずれにせよ、上記特徴項目の7割程度が当てはまるなら、あなたはオールドソウルと好相性です。

オールドソウルの使命は、啓蒙と本質。

前述しましたが、オールドソウルの使命は啓蒙です。人々の精神性を引き上げるために生まれてきています。
オールドソウルやインディゴチルドレンの使命として、「地球の波動を押し上げる」「地球に癒しを与える」といった記述をする人が多いですが、その本質は啓蒙であり、教育です。オールドソウルがヒーラーになってみんなの病気やトラウマを溶かすというようなことではないのです。波動を押し上げるというのも魔法の力で闇の力を消し去るようなものではありません。
役割は、「精神的な教育」で、たとえば仏教の教義のように、「ぜいたくに溺れずに質素に生きましょう」と説くようなことです。

スピリチュアルな視点を大衆に目覚めさせることはオールドソウルの最重要使命です。
とはいえ、「パワーストーンでLOVE運アップ!」とか「引き寄せの法則で働かずに旅行ざんまい!」といった誘惑的・快楽的な話題をするのは、オールドソウルの使命ではありません。
むしろ、「パワーストーンに不思議な力はあるけれど、恋愛運が上がったりはしません。商売人にだまされないでね」「引き寄せの法則はでたらめです」といった、「不正を暴く」「本質を突く」話をするのが、オールドソウルの使命です。大衆がスピリチュアルな魔法に盲目していたら、地球は精神性が上昇するどころか、堕落して総スラム街になってしまいます・・・。
しかしスピリチュアルに興味を持つ人々は、あまりにも願望成就・願掛けといったものに夢中になりやすいのです。
スピリチュアルな視点は大切ですが、まずは冷静さと猜疑の目で、情報を観察しましょう。「うさんくさいな」と感じる情報はむやみに拡散すべきではありません。
地球人の、日本人の精神性が上がるには、どのような情報を広める必要性があるかよく考えてください。その目的に適うスピリチュアリズムを発信するようにしてください。

オールドソウルの子供の育て方。

「あなたの子供はオールドソウルだね」などと霊能者に言われたりしたなら、子育てには少々注意が必要です。霊能力のある人に指摘されなくても、上記の特徴診断でオールドソウルに該当しそうだと強く感じるなら、やはり同様です。仮にオールドソウルでないにしても、オールドソウルと酷似した気質を見せるならオールドソウルのように育ててかまいません。

オールドソウルの子供は、自主性を尊重してあげて。

オールドソウルの子供は、幼いうちから高い知性と創造性を見せます。ここでいう創造性は芸術能力のことではなく、もっとよいやり方を編み出したりすることです。そこらの大人よりも素晴らしいアイデアを出してくることがよくあります。
そのため、あまり多くのルールでしばりつけないようにしましょう。「これとこれをやりましょう。やり方はあなたに任せるわ」といった具合です。
しばらくそれで様子を見てください。自分でできそうにないなら大人が手引きを出してやるべきですが、怠けもせず、そしてクオリティの高いものを仕上げてくるなら、自主性をどんどん尊重してやるとよいです。
宿題をやる時間なども親が強制しないほうが良いです。一般的にオールドソウルは夜型で、夜になると頭が冴えます。それを自覚してくると夜に宿題をやりたがるでしょう。そして、やりたいことの多い人なので、昼間は外で遊びまわったり友達と遊んだりしたがるでしょう。
テレビを見ながら宿題をやろうとするとしても、ちゃんと問題が解けているならそのままやらせてよいです。頭が良いので2つのことを同時にやってのけます。

夜型の気質と上手く付き合う手段を見つけよう。

上述したように、オールドソウルの子供は幼いうちから夜型な気質を見せます。一般的に子供が夜中に起きているのはよくないことで、早く寝るようしつけるべきですが、オールドソウルの場合は見極めが大切です。
その子は夜起きて、何をしていますか?テレビゲームやネットサーフィンに夢中なら、やはり叱って、早く寝かせるべきです。しかしオールドソウルは、快楽のために夜更かしするのではなく、クリエイティブなことを始めるでしょう。工作をしはじめたり、絵を描き始めたりします。物語を書いたりもするかもしれません。何にせよクリエイティブなことに夢中になっているなら、その創造性の芽をむやみに潰さないようにご注意を。夜中1時ころまでは起きていてOKと考えましょうか。6時間も眠れば学校のこともきちんとやってくるはずです。5時間目に多少居眠りをしても、周りの子より良い成績はとってくるでしょうし、総合的な素行(内申点)は良いでしょう。

宗教には深く関わらせないほうが良い。

オールドソウルは、宗教的な親御さんを持つことが少なくありません。
それゆえに幼い頃から魂や輪廻転生を知り、高い倫理観や上品さを身に付けますが、しかし宗教にあまり深く連れ込まないほうが良いです。
オールドソウルの子供は、宗教を真剣に考えますが、その中で教義の矛盾をいくつも見つけ出すでしょう。そして、「何から何まで宗教の言うとおりにするのは違う」と感じます。
このような感性を身に着け始めたら、もう無暗に宗教行事などに連れ出さないほうが良いです。親の立場などを引き継がせることも期待しないでください。
オールドソウルの子供は、宗教の中から「モラル」だけをつかみ取り、それを活かしながらもっと自由に生きていきます。宗教から離れても、完全に宗教を侮辱したりはしないでしょう。

オールドソウルはスポーツ選手になる使命を持っていない。

オールドソウルの子は体が大きく、幼いうちから運動神経にも高いものを見せます。クラスで一番かけっこが速いかもしれません。
なんらかのスポーツでエースの輝きを放つかもしれませんが、しかしスポーツで大成する使命は持っていません。ぜんそくを持つか、アレルギー性鼻炎を持ち、長時間走ることを苦手にするでしょう。(鼻炎で鼻がつまっていると腹式呼吸ができず、持久力が伸びないのです)また、外見的にはわからないでしょうが、手足の関節に地味に障害を持ちます。そのため、80点くらいの技術には早々に達しても、そこから先が伸びなくなります。
これは、スポーツの世界に進ませないための舞台装置で、あらがうべきではないのです。賢さと努力でそのハンディキャップを乗り越え、市内優勝くらいはやってのけるかもしれませんが、スポーツの道には進まないほうが良いのです。そして、プロレベルになるとやはり、体がついていかなくなるでしょう。そこで大きな挫折を味わい、生きる希望を失うよりは、小学校でリレーの代表選手でヒーローになったらもうスポーツ分野は引退、と考えたほうが良いです。中学から文科系の部活に入ったりしましょう。

我慢をさせすぎないように親のほうが気を配ってあげよう。

オールドソウルの子供はあまりワガママを言いません。特に、家庭が貧困である場合にはかなり空気を読みます。何一つ親にねだらないかもしれません。100円のガムすら、ねだらないかもしれません。
「欲しい」「買って」といった言葉を、他の子供たちより圧倒的に主張しないはずです。しかしそれは、興味がないのではなく、親の財布を気遣っているのです。
そのため、ある程度親の懐に余裕があるなら、親のほうから、「何か好きなお菓子を持っていらっしゃい。」「誕生日だから好きなもの買ってあげる」といったふうに、先回りでごほうびをあげましょう。人並みに欲求を満たしてやるべきですし、人並みに快楽を知っておくべきです。

小学生にもなると、習い事の欲求を我慢するかもしれません。剣道クラブに入ったらユニフォームやら遠征費用やらでやたらとお金が掛かることを、6歳でももう理解しているのです。「うちにそんなお金の余裕はないな」と考えて、習い事の欲求を抑圧しようとしたりします。
たとえば吹奏楽をやりたいが、管楽器は20万円もするから打楽器にしよう、などと考えます。打楽器はオールドソウル的感性が育ちやすいのでそれはそれでよいのですが、金銭的な負担を気にして本当にやりたいことを抑圧しがちなので、家計と相談しながらその子の学びたいことを叶えてあげましょう。

フリースクールや専門学校にも同じことが言えます。自分で出来そうだと感じると、学校に通わず自分でどうにかしようとします。それでもけっこうなクオリティには達するでしょうが、専門的学校で英才教育を受けた子をしのぐのは難しいですし、コネが無いので職に結び付けることが難しくなります。

「お金のことは大丈夫だ」と親が言っても、それでも家計を心配するような子なので、将来の進路やそれに必要な教育、道具について、ちょくちょく本音を聞き取ってやりましょう。そして、可能な環境は与えてやりましょう。

オールドソウルの子はうつ病に陥りやすい。

オールドソウルの子は高い精神性、清い心を持ちます。すると、中学生にもなるともう、学校の矛盾や同級生の幼さ、社会の黒さにヘキエキして、うつがちになってくるでしょう。
彼の無気力は、怠惰心ではなく、「正攻法でがんばっているのに報われない」という気持ち・体験からきます。
親に手伝ってもらてって自由研究の宿題をしてきた子が賞を獲ったりするのです。掃除をさぼってばかりの子がモテたりするのです。そんな社会にうんざりします。
登校拒否をしたがるなら、1カ月くらいそうした期間があっても良いでしょう。何もしようとしないならそれも良しです。「無」という経験からも何かを掴みとれるような子です。
フリースクールの選択肢、保健室登校の選択肢、ホームスクーリングの選択肢などを提示してやると良いです。学ぶこと自体は嫌いではないはずで、社会の不正とあまり関わらずに生きる方法があるなら、その中で精力的に生きようとするでしょう。

オールドソウルは、賃金労働の不誠実さにも嫌気がさす。

働き者なオールドソウルですが、賃金労働に大きな苦痛を訴えるかもしれません。誠実でフェアな彼から見て、賃金労働の場というのはどこも不誠実に感じて、苦しいのです。上司のだらしなさが苦しいですし、客に嘘をつかなければならないことが苦しいのです。
こうした黒い社会に迎合していくことも大切ではあるのですが、あまり社会の不誠実さと関わらなくて済む生き方も、画策してやるべきです。
親族の会社に勤めたり、在宅ワークをしたり、自然・植物に関わる仕事をしたりするのが良いかもしれません。
オールドソウルの子には、経済的な自立をあまり強要しないほうが良いです。1日10時間働くだけのバイタリティはあるのですが、賃金労働の不誠実さの中で生きるのが、彼にはとてもつらいのです。
「自給自足の暮らしがしたい」などと言い出したら、その意思を尊重してあげてください。

オールドソウルの子は親の仕事を継がない。

「子供に自分の仕事やライフワークを継いでもらいたい」と期待している親御さんは多いかもしれませんね。しかし、オールドソウルの子にはそれを期待しないでください。
オールドソウルの子は自分の価値観を確立し、自由に生きたがります。それを尊重してやるべきです。継がせたいことが何か奉仕的なことであるとしても、それでも強要せず、むやみに巻き込まないようにしましょう。彼は彼で、自分なりの社会貢献を行うはずです。
親が古風・保守的であればあるほど、オールドソウルの子は親から離れていくでしょう。それでよいのです。

オールドソウルは結婚をしたがらない。

オールドソウルはその感性から、「結婚」という制度に違和感や不要感を感じます。誠実な人ですが、結婚が誠実だとは感じないのです。この説明は割愛しますが、とにかく結婚を望まない傾向にあるので、「孫の顔が見たい」「結婚して早く一人前に」といった言葉をオールドソウルの子にかけないようにしましょう。
親の介護も期待しないほうが良いです。親から離れて海外で暮らしたり、田舎で自給自足しながら暮らしたり、したがるかもしれません。
親不孝かもしれませんが、その代わりに縁もゆかりもない人を助けながら生きます。オールドソウルとはそういう人です。

オールドソウルは善でも悪でもない。

オールドソウルは、彼なりの誠実さを追い求めます。しかしそれは、社会のルールや法律とは一致しないのです。
そのため、真面目なわりには「サラリーマンになって家族を養って税金を払ってつつがなく生きる」というような生き方は拒みます。
職業が安定しなかったり、日本に全然戻ってこなかったり、お金にならない芸術に打ち込んでいたりします。親から見れば不安になるでしょうが、彼の人生を尊重してあげてください。
彼は社会のルールや常識に従いませんが、しかし彼なりに社会に貢献しようとします。誰もやらないようなことに自分の存在価値を見出す傾向がありますし、新しいモラルを作るために表現活動をしようとしたりします。
オールドソウルは生真面目ではないですが、悪人ではないはずなので、静観してあげてください。それを理解しない場合、子のほうから絶縁することもあるでしょう。

悪に染まってしまうオールドソウルもいるにはいますが、かといって親が説得してすんなり改心するようなことはないでしょう。その場合も放っておくしかありません。

れなさん

52,984 views

まとめサイト・情報サイトのライター様へ。 当サイトの文章を転載・コピーなさる場合、必ず当該ページへの引用リンクを貼ってください。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧