【詳述】エネルギーフィールドとは?エネルギー体とは?種類と役割、ケア方法。

エネルギーフィールドとは?エネルギー体とは?

エネルギーフィールドとは、私たちの肉体の外側を覆う、エネルギーの領域のことを指します。幾重にも層になっており、それぞれに呼び名と性質があります。オーラ体、エネルギー体などとも言います。
真の健康を手にするためには、エネルギーフィールドに気を配ることは不可欠です。

エーテル体

最も肉体に近い層は、エーテル体です。近いというよりも、エーテル体は肉体と重なるように存在しています。シャンバラやテロスなどの5次元社会の住人は、このボディのみ(肉体のボディ無しで)存在しています。

物理世界で生きる人たちからは見ることはできず、触ることもできません。エーテル体の人同士は触れることができ、物質的な質感を感じます。霊視のできる人はこのボディが視えることがありますが、いつでも視えるわけではありません。

シャンバラなどの世界そのものも、このエーテル体で出来ています。そのため、地上社会の人々からは見えません。崑崙(こんろん)山脈などにドローンを飛ばしても、カメラが捉えることはありません。

アストラル体

エーテル体の外側にあるのは、アストラル体です。幽体、感情体ともいいます。
アストラル体はもう人間の形はしておらず、肉体を覆うタマゴ型のオーラフィールドです。肉体の外側10センチくらいまでの範囲にあります。

感情体と言われるように、感情の影響を受けやすく、すぐに逆立ったり色が変わったりします。
オーラ視のできる人が視ているのはもっぱらこのアストラル体で、その時の気分で色もころころ変化するものなので、霊視しても実はあまり意味がありません。その人のオーラカラーを特定する手がかりにはならないのです。オーラソーマのポマンダーを使っても簡単に変化します。

他人のアストラル体と混ざることはない。

「他人のアストラル体と混ざりやすい。混ざると不快になったり気分が悪くなったりする」などとよく言われていますが、はたから見て混ざったように見えているだけで、実際に他人のアストラル体が自分のアストラル体に混ざりこんでいたりはしません。
怒っている人がそばにいるとたしかにこちらも気分を害しますが、それはアストラル体が乱れた・汚れたからではなく、単純にその人の姿や怒鳴り声などで気分を害しているだけです。人ごみの中で疲れを感じるのも、アストラル体が云々ということではなく、もっと物理的な影響にすぎません。

エネルギーのプロテクションをしても荒い人・場所からは守れない。

そのため、「エネルギーのプロテクションをして守る」などという概念は必要なく、また、そのようなことをしても守ることはできません。エネルギープロテクションをしたことで負担が軽減したと感じる人もいるようですが、思い込みでそう感じているか、またはプロテクションのヒーリングを売るための嘘です。

アストラル体の「ケア」は治癒効果がある。

プロテクションは意味がありませんが、「ケア」には治癒効果があります。
オーラソーマのポマンダーなどでアストラル体をケアすると、多少なりともそのカラーごとの疾患の回復を促進します。霊感の強い人ほど効きやすいです。

赤いオーラのケア:体力の回復、冷え性改善、PMSの軽減、倦怠感の軽減、筋肉痛の回復を早める、ケガや傷の回復を早める。低級霊からの保護。
オレンジオーラのケア:便秘の改善、婦人科系の病気の回復を早める、大腸・小腸疾患の回復を早める、倦怠感の軽減。うつ病の軽減、エーテルギャップ(極度の消耗感)の回復。
黄色いオーラのケア:胃腸の病気の回復を早める、ストレス性疾患の回復を早める、皮膚疾患の回復を早める、脳がシャキっとする(≒カフェイン効果)。
緑オーラのケア:心臓、肺の病気の回復を早める、ストレス性疾患の回復を早める、脳波をしずめる(リラックス、睡眠導入)。
青いオーラのケア:のど疾患の回復を早める、芸術的感性を刺激する、脳波をしずめる(リラックス、睡眠導入)。
藍色オーラのケア:眼精疲労軽減、目や耳の疾患の回復を早める、チャネリングを円滑にする、瞑想状態を深める、うつ病の軽減。
紫オーラのケア:頭痛の軽減、瞑想状態を深める、うつ病の軽減、脳波をしずめる(リラックス、睡眠導入)、脱毛疾患の軽減。
ピンクオーラのケア:PMSの軽減、性機能の改善、性病の回復を早める、精液の分泌を潤沢にする、美肌。

ただし、劇的な効果があるわけではなく、また体感の強弱にはかなり個人差があります。小さな子供などはよく効きますし、お酒に酔いやすい人、霊視ができる人、催眠術にかかりやすい人なども効きやすいでしょう。効果の実感が乏しい人は、ポマンダーを使ってもあまり意味がないということです。
レッドポマンダーによるプロテクションは、気疲れや感情の乱れから守るものではなく、低級霊やサイキックアタックからの防御です。(すべての低級霊やサイキックアタックを防げるわけではありません。)
オーラソーマ・ポマンダー以外のアストラル体ケアのアイテムとしては、アロマオイル、各色のパワーストーン、エネルギーワーク、ブレスワークが挙げられます。食事も影響します。

メンタル体

アストラル体の外側には、メンタル体があります。精神体、カラーナボディなどとも呼ばれます。
精神体の名のとおり、その人の精神を強く表します。物欲が強い人や攻撃性の強い人は赤っぽい色を、精神性の高い人や芸術活動を好む人は青っぽい色を、という具合です。

感性が多彩だとメンタル体も色彩豊か。

多彩な感性をしている人はオーロラのように色とりどりのメンタル体を見せます。もちろん、やれることや好きなことが増えるにしたがって、このメンタル体は大きく色彩豊かになっていきます。
とはいえ、メンタル体が大きく色彩豊かだからといって、誠実であるとは限りません。誠実さを示すのはグリーンのメンタル体のみで、これを大きく帯びている人はおおむね誠実です。

人格を診断できるのはメンタル体。しかしメンタル体が視えるチャネラーはほとんど皆無。

オーラを視てもらって人格を判断するならこのメンタル体を参考にすべきなのですが、メンタル体をオーラ視できる霊視チャネラーはほとんどいません。
波動測定器を使えば色や大きさを測定することが可能です。大きなオーラソーマショップなどにこうした波動測定器が置いてあり、2,000円程度で診断が得られます。

メンタル体は乱れるということはなく、プロテクションなどの必要性もありません。

クイントエッセンスが影響するのはメンタル体

オーラソーマのクイントエッセンスが働きかけるのはこのメンタル体です。
クイントエッセンスを使っても、感情が安らいだり技能が上がったりはしません。
クイントエッセンスの使用は、自分の守護存在や他者の守護存在への意気込みアピールのようなものです。たとえばあなたがクツミ(イエロー)のクイントエッセンスを使うなら、あなたの守護存在は、イエローのテーマである「知性」の成長につながるようなことを、あなたの人生に引き寄せようとします。本屋さんでウロウロしていたら、資格参考書のところでキラキラと光のサインを見せられる、といったようなことです。とはいえ、守護存在とコンタクトできている人もサインを上手く拾えている人もほとんどおらず、あまり意味をなしていません。
あなたがクイントエッセンスで増強したイエローのメンタル体オーラを他者の守護存在が見たなら、あなたに知的な頼み事をするように、守護している主人に仕向けます。つまり、あるクイントエッセンスを使うなら、それに関連するテーマの物事を多く引き寄せるようになり、それによってその色のスキルに強くなり、オーラが強くなるという仕組みです。しかしこれに関しても、守護存在のサインを拾ってあなたに頼み事をする人などほとんど存在していないので、ほとんど意味をなしていません。
クイントエッセンスは、5次元社会で生きる人々にとって有用なアイテムと言えます。

コーザル体

コーザル体は、メンタル体のさらに外側を覆っているエネルギーフィールドです。その大きさには個人差が非常に激しく、小さな人は6畳の部屋くらい、大きな人は東京ドームよりも大きいです。そんな大きな人は地球上にもほとんどいませんが。

魂とは、コーザル体のこと。

魂と呼ばれるのは、このコーザル体のことです。多くの人は、魂とはハートのあたりに納まっていたり、額のあたりに輝いていたりするものだと思っていますが、その認識は誤りです。ハートのあたりにあるのは第4チャクラの光であり、額のあたりにあるのは第6チャクラの光です。それらも人の成長段階を表す重要なポイントではありますが、魂ではありません。魂は、ヒトの体の外側を覆っているエネルギーフィールドです。

コーザル体はレイキや座禅瞑想で拡大していく。

コーザル体および魂は、エネルギーワークによって拡大していきます。エネルギーワークなら何でも良いわけではなく、レイキヒーリングや呼吸法を伴う座禅瞑想などです。
コーザル体の大きな人は、低級霊やサイキックアタックの影響を受けにくくなります。コーザル体の膜を無視して攻撃してくる低級霊やサイキックアタックもありますが、日常生活ですれ違う程度の低級霊や日常生活で飛び交う程度の恨み憎しみの矢は無効化できます。

霊能者はコーザル体を視認できない。

霊能者たちはコーザル体は視認できないので、いくら大きなコーザル体を誇っていても霊能者に褒められたり彼らが寄ってきたりすることはないでしょう。しかしアセンテッドマスターや大天使はコーザル体を視認することができ、コーザル体の大きな人はアセンテッドマスターや大天使が寄ってきやすくなります。

頭上の光の輪

頭上20センチくらいのところに光り輝く白金色の輪、いわゆる「天使の輪」と呼ばれるものも、エネルギーフィールドの一種と言えます。これは、頭上のチャクラが開いて光り輝いているものです。

生きている人にも「天使の輪」はある。(ある人もいる)

アニメなどでは死人の上に描かれることが多いですが、死ぬと頭上のチャクラが活性化するわけではありません。もともと、キリスト教会の絵画などで、天使の頭上に描かれることが多かったことから、霊的な存在であることを示す意味で死人に描かれるようになったのしょう。
生きている人の頭上に輝くこともありますし、もちろんそれが死相であったりはしません。

「天使の輪」は第8チャクラではなく第11チャクラ。

この頭上のチャクラのことを第8チャクラと呼んでいる人は多いですが、霊界の定義としてはこれは第8ではなく、11番目のチャクラです。下から数えて8番目の場所にはありますが、次元としては11番目に該当するマジェンタカラーのチャクラです。
これは、霊的な領域と常に繋がっている人が活性化するチャクラで、レイキを会得し、さらにきちんと使いこなせている人に多いです。
レイキのアチューンメントを受けた直後もこれは活性化していますが、上手く使いこなせていないならすぐに閉じてしまいます。
レイキを会得していなくても、独自の修練で開いている人もいます。また、クリスタルチルドレンの中には生まれつきこれが活性化している人も多いです。大抵は7歳くらいで閉じてしまいますが。誠実・純真な子は7歳を過ぎても保ち続けます。霊視や霊聴などのサイキックも持つでしょう。

「天使の輪」が輝く人は、誠実な人である可能性が高い。

頭上の輪が輝いている人は、かなり誠実なスピリチュアリストであると思って良いです。商売や名声獲得に夢中になっているスピリチュアリストは、サイキックが使えても大きなメンタル体オーラを持っていても、この第11チャクラは活性化していません。

輪っかとして視えるのではなく、後光が射しているように視えたり、まぶしくてその人の背景が見えなかったりもします。
現代日本人には、このオーラの輝きをキープし続けられている人は5人くらいしかいません。この人たちはスピリチュアルなセラピストを表だってやっていたりはしません。人に施すことがあるとしても、ひっそりとやっているでしょう。

チャクラ

チャクラから表出するエネルギーの輝きも、エネルギーフィールドの一種と言えます。
部位と色の関係性は下記のとおりです。

第1チャクラ―会陰(性器のあたり)―レッド
第2チャクラ―丹田(下腹部)―オレンジ
第3チャクラ―みぞおち―イエロー
第4チャクラ―胸―グリーン
第5チャクラ―のど―ブルー
第6チャクラ―第三の目(ひたい)―ロイヤルブルー
第7チャクラ―頭頂部―ヴァイオレット

各チャクラは活性化すると、その周辺がその色に輝きます。オーラの視える人が、7つすべてのチャクラの開いた人を正面から見ると、虹が輝いているように見えます。
輝いているチャクラの色は、メンタル体のフィールドに表出している色と基本的には同じですが、チャクラはチャクラ活性のセラピーなどをすることで簡単に開く(一時的なものですが)ので、7つすべてのチャクラが光り輝いているからといって7つのオーラのスキルをすべて極めているとは限りません。

体外のチャクラ

あまり知られていませんが、チャクラは7つだけではなく、全部で13種類存在しています。
第8~13までのチャクラのいずれかもしくは全てが、少なからず活性されてエネルギーフィールドに現れている人も少なくはありません。逆に言えば、ちょっと輝いている程度で騒ぎ立てるのは危ういです。
こられについては、詳細な説明は避けます。

エネルギー体の浄化は必要?その方法は?

エネルギーフィールド(エネルギー体)については、浄化が云々という話題になることが多いです。
厳密に言えば、エネルギー体そのものは浄化を必要としてはいません。エネルギー体が「濁る」という概念はあるのですが、しかし浄化行為でクリアリングできるものでもないのです。
低級霊が憑りついているのを祓う行為のことを「浄化」と形容していることが多いです。

スピリチュアルな商売人はたびたびの浄化が必要。

スピリチュアリスト、特にチャネリングセッションやセラピー商売などしているスピリチュアリストには低級霊が憑いていることが多く、そのような人はたびたびエネルギー体の浄化を行ったほうが良いです。厳密に言えば浄化をしたところで商売や名声欲を続けるならまたすぐに低級霊に憑かれてしまうのですが、浄化をしないよりはマシです。本当は、そのスピリチュアル行為を辞めたほうが良いのですが・・・
無欲に、相手を見極めながらチャネリング相談をしたりセラピー商売をしたりするぶんには、低級霊に憑かれることもありません。しかしそのような節度を保てている人はほとんど皆無です。

エネルギー体の浄化・4つの方法と効かない方法。

エネルギー体の浄化の方法ですが、いくつかあります。
(1)アルコールスプレーを体に吹きかける。(100円ショップで買えます)
(2)セージ煙で体を包む。
(3)レイキのエネルギーで体を包む。
(4)浄霊・除霊のできる霊能者に依頼する。

満月の光やクリスタルは、人間のエネルギー体の浄化(低級霊の除霊)をすることは出来ません。
オーラソーマのクリアー系のスプレーなど、浄化効果を謳うスピリチュアルグッズが方々に売られていますが、そのような高価なものを買わなくても、100円ショップで売られているアルコールスプレーで充分です。セージの葉もコストパフォーマンスの良いものとは言えません。

れなさん

66,042 views

まとめサイト・情報サイトのライター様へ。 当サイトの文章を転載・コピーなさる場合、必ず当該ページへの引用リンクを貼ってください。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧